20万円で買える株

東証1部優良銘柄

東証第1部銘柄には、リーマンショックやギリシャ危機、さらには為替の円高もあって、一時期は多くの優良株が20万円以下で買える安値圏にありました。

こうした安値が来るのを待つことができれば、儲かる確率は上がります。決して高値を買わないことです。

JPX

6460 セガサミーHD【2016年8月12日】


株価ミニチャートのブログパーツ

パチンコ・パチスロが規制されて販売台数が厳しいセガサミー。株価はコナミやバンダイナムコに大きく引き離されたままです。

期待できることは、セガのスマホアプリやサミーのカジノなどがありますが、先行き不透明。

株価はようやく底を脱しましたが、まだ1,200円台。かつては、2,000円以上が普通の株価でしたが、パチンコが期待できない現状では、それも仕方が無いことです。

株価に少し明るさが出てきたので、少しずつ買いたい。買いの時期は1,200円台の安くなった翌日。そして高利回りの配当金をもらいつつ、値上がりを待ちます。

やっと1300円台に乗ってきました。カジノ法案の視界が少し良くなり、セガのゲームや特別利益で2017年3月期決算が良さそうなので、さらに上に行きそうです。買いは1,200円台に戻ったときです。(2016年8月)

株価ゾーン 投資判断 売買条件
1,000円未満 積極買い 為替:1ドル100円
1,100円未満 為替:1ドル110円
1,200円未満 為替:1ドル120円
1,300円未満 買い 上昇相場
1,300円超 見送り -
1,800円~ 売り 上昇相場なら2,500円も
銘柄情報
市場 東証1部
取引単位 100株
決算期日 3月末日
Web セガサミーIR

セガサミーへの投資判断は皆様自身でお願いします。


株価8倍銘柄 6779 日本電波工業

2000年には6,000円近辺の高値を付けたが、その後2003年3月から5月にかけて、1,000円を割り込み、900円台に低迷していました。

しかし、その後は一転上昇に転じて、2007年7月にはとうとう7,000円台に乗せ、10月5日には超高値7,650円を記録しました。

結局、6779日本電波工業株価は、4年間で8倍になりました。

底値だった2003年はどのような年かといえば、3月には日経平均が7,000円台に下落して、株式市場はどん底状態で、更なる株価の下落を危ぶむ声もありました。しかし、その後値上がりに転じて、日経平均は年末には10,000円の大台を回復しました。

2007年10月5日の超高値7,650円を付けた後、2008年はリーマンショック、2011年にはギリシャ危機と、日経平均は大きく下落し、日本電波も一時1,000円を割りました。

その後、日経平均は上昇に転じて、2012年3月には10,000円の大台を回復し、日本電波の株価も上昇してきましたが、一時の勢いはありません。2015年は一時800円割れになりました。

日本電波工業への投資判断は皆様自身でお願いします。


以下古い内容が出てくるので、ご注意願います。

20万円で買える優良株

2008年のときのリーマンショックの安値と当時の為替レートを加味して、底値圏に低迷している優良株がチャンスです。優良株は輸出関連が多く外国人の保有率も高いことが多いので、円高が止まれば、こうした優良銘柄から値上がりしていきます。

投資の対象になりうるのは、東証第1部の割安になった銘柄です。2008年10月以降の安値を参考にして、財務内容の良い銘柄へ投資するようにしてください。

コード 銘柄名 決算 取引単位
業種
2267 ヤクルト本社 3月末日 100 食料品
3231 野村不動産 3月末日 100 不動産業
6645 オムロン 3月末日 100 電気機器