割引株価 立会外分売

立会外分売の目的

立会外分売の目的のひとつは、個人株主の増大を図ることですが、企業と銀行間の株式持ち合いを解消するためにも利用されています。

立会外分売は、証券会社のホームページやeメールで告示され、証券取引所の取引時間外に、売買手数料無料、かつ割引価格で株式を購入できる投資家に得な取引になっています。

したがって、申込みも多く、購入できるかどうかは抽選で決まるので、取扱株数が多い証券会社のほうが有利になります。

立会外分売のメリット

購入時の手数料無料

通常の取引と違って、市場取引時間外(立会外)での購入となり、購入手数料がかかりません。売却は通常どおり市場で取引するので、株式手数料がかかります。

ディスカウント価格

分売実施日前営業日の終値から、数%割引(通常2.5%~4%割引で、最大10%)された価格で購入できます。

分売実施日当日から売却可能

購入できたかどうかは、分売実施当日の9時前後にわかります。資産一覧に表示されれば、分売実施日当日から市場で売却することができます。

購入から売却までの流れ


立会い外分売の流れ

1. 分売条件決定日以前

ホームページで、分売実施予定の銘柄の有無をチェックします。立会外分売は、実施予定の数週間前から公表されます。いつでも申込めるわけではありません。決定日までに、その銘柄情報を収集して、購入の有無を決めます。分売実施日は、数日間の幅があり、いずれかの日が実施日になります。分売実施期間に入ったら、毎日ホームページで分売日をチェックします。

2. 分売条件決定日

分売条件決定日までは分売価格は未定です。分売実施日前営業日の終値から、数%割引(通常2.5%~4%割引で、最大10%)された価格に設定され、当選すれば手数料なしで購入できます。

3. 購入申込

分売条件決定日の夕方から、購入の申込みができます。購入余力があることを確認して、インターネット画面から申込みます。購入に不利な情報やニュースがあった場合に備えて、できたら受付終了間際に行います。申込の締切は、分売実施日当日の朝、おおよそ7時30分~8時30分です。

4. 分売実施当日

証券取引所により、各証券会社の申込み株数に応じて割当てが行われますが、分売株数よりも申込み株数のほうが多い時には、各証券会社に比例配分されます。割り当てられた株を、証券会社で抽選して、購入申込者に割り当てます。

5. 約定

8時30分ごろに、割り当て当選(約定)の有無を資産一覧で確認します。

6. 売却

約定していれば、分売実施当日から、すぐに売却することができます。

取扱い証券会社

当選確率を上げるためには、大手の証券会社や複数のネット証券に口座を持っていたほうが有利です。

以下、資料請求・詳細のリンク先は、各証券会社への外部リンクです。

資料請求・詳細はこちら → 野村証券

ネット証券では取扱い銘柄数が多い松井証券などが、当選のチャンスが広がります。松井証券は、ネット証券の老舗として、次々と新しい商品やサービスを提供してきました。最先端リアルタイム・トレーディング・ツールも無料で提供しています。

詳細・資料請求[広告]は、こちらからどうぞ↓