株価指標

重要な株価指標

投資する銘柄を選ぶ時に、よく株価指標のPER、EPS、PBR、BPS、ROE、ROA、自己資本比率、流動比率等の数値を参考にします。

東証

スクリーニングで銘柄を絞り込む時にも使いますし、安値で放置されている割安株に投資する「バリュー株投資」でも、PBR、PERの指標は大変重宝されています。

倒産しない上場企業の簡単判定法 では、自己資本比率と流動比率を計算して、財務内容から企業の安全性を判定しています。このふたつの指標はセットで利用しています。

目次

PER(Price Earnings Ratio:株価収益率)

・PER = 株価 ÷ 1株利益(EPS)

投資した金額が何年分の利益で回収できるかを表す指標


EPS(Earnings Per Share:1株あたりの利益)

・EPS = 税引き後利益 ÷ 期中平均発行済株式数

税引き後利益は、純利益のことで、期中平均発行済株式数は、期初発行済株式数と期末発行済株式数の平均値


PBR(Price Book-Value Ratio:株価純資産倍率)

・PBR = 株価 ÷1株純資産(BPS)

1株当たりの純資産(資本金+法定準備金+剰余金)に対し、株価が何倍になっているかを示す指標


BPS(Book-value Per Share:1株純資産)

・BPS = 純資産 ÷ 発行済み株式数

1株あたりの純資産で、この数値が高いほど企業の安定性は高い


ROE(Return on Equity:自己資本利益率)

・ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

純資産に対する当期税引き利益の割合を示す指標で、この数値が高ければ経営効率がよいが、借入金が多い場合でも数値が高くなる


ROA(Return On Asset:総資産利益率)

・ROA = 利益(通常当期純利益) ÷ 総資産 × 100

総資産に対する利益の割合を示す指標で、この数値が高ければ経営効率がよい。ROEの弱点を補うために、借入金を含めた総資本を分母に使っている


自己資本比率(Capital ratio)

・自己資本比率 = 株主資本 ÷ 総資産 × 100

企業の安全性を判断する株式指標のひとつで、この比率が高いほど企業の安全性が高いことを表す指標です。一般的には、50%以上が望ましいとされています。


流動比率(Current ratio)

・流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

企業の安全性を判断する株式指標で、資金繰りに問題ないかを表す指標です。最低150あれば、当面の資金繰りには問題はないでしょう。