手数料無料 即時入金

ほとんど振込み手数料無料しかもリアルタイム

茅場町銀行

即時入金サービスは、証券会社のホームページにログイン後、ネットバンク入金専用画面から入金手続きをするので、振込先を入力する必要はなく、また安全・確実に自分の口座に入金できます。

振込み手数料は、ほとんどの証券会社が無料かつ、入金額は、リアルタイムで口座残高に反映されます。

インターネットバンキングは、既に普通預金口座を開設していれば、別途利用手続きをするだけで済みます。

即時入金メリット

銀行窓口やATMに行く必要がなく、安全・確実・即時入金のインターネットバンクが一番のおすすめ。

  • 振込先を間違える一切心配なし
  • 入金額が口座に即時反映
  • 振込み手数料が無料(カブドットコム証券は三井住友100円、ジャパンネット銀行50円など一部証券会社有料)
  • いつでも入金可能(24時間対応がほとんど)

入金サービスの詳細については念のため、各証券会社のホームページで確認してください。

◎:無料・即時、○:有料・即時
三菱
東京
UFG
三井
住友


ゆう
ちょ


SBI証券
カブドット
コム証券

100円

(注)
-
GMO
クリック証券
マネックス証券 -
岡三
オンライン証券
野村ネット
&コール
松井証券
丸三証券 - -
楽天証券
注:200円(3万円未満は100円). 金額は税抜
◎:無料・即時、○:有料・即時
JNB
住信
SBI
ネット








SBI証券 - -
カブドット
コム証券

50円
- - - - -
GMO
クリック証券
- -
マネックス証券 - - - - -
岡三
オンライン証券
- -
野村ネット
&コール
- -
松井証券 -
丸三証券 - - - - -
楽天証券 - -
金額は税抜。JNB=ジャパンネットバンク

【FTnet】一部証券会社で利用できるFTnetは、振込み手数料は無料ですが、即時入金ではありません。口座への反映は、通常翌営業日以降とかなり遅いので注意してください。


大手銀行 ネットバンク口座申込方法

インターネットで口座開設申込後、郵送されてきた申込書に必要事項を記入・捺印、本人確認書類を同封して、返送すれば、口座開設申し込みが完了します。

ネットバンク口座は、普通預金口座開設後、インターネットから申し込みします。インターネットだけで手続きが完了する銀行もあります。

  • みずほ銀行 普通預金口座
  • みずほダイレクト:インタネットで申込フォームに必要事項を入力後、申込書を印刷して、署名・捺印し、本人確認書類といっしょに返送します。「ご利用開始のお知らせ(ご利用カード)」が届けば利用できます。使えるようになるまで、少し時間がかかります。
  • ゆうちょ銀行 普通預金口座
  • ゆうちょダイレクト:総合口座の通帳とキャッシュカードを持っていれば、インターネットから申込みができます。書類での申込みは、「ゆうちょダイレクト利用申込書」をダウンロードし、必要事項を記入・捺印のうえ郵送します。「インターネットサービス利用者カード」が届けば利用できます。初回ログインが複雑になっているので、間違えないように登録してください。10万円超の送金は、後日窓口で本人確認の手続きをする必要があります。

インターネット専用銀行

口座開設が完了すれば、インターネットバンクが利用できます。口座開設以外の手続きは必要ありません。

[広告]