日経225mini短期売買

日経平均株価に連動

日経225mini(ミニ)は、大阪取引所(大証)に上場されている株価指数先物商品。日経平均株価に連動したハイリスク・ハイリターンの金融派生商品(デリバティブ)です。

宵越しをしない

日経225ミニ

少額投資で短期間のうちに、レバレッジ(てこの原理)が効く、ハイリスク・ハイリターンの金融派生商品(デリバティブ)です。実際には、日経平均の100倍の金額が取引されています。

日本株は、米国株価(ダウやナスダック)に影響されやすく、前日の米国株が上がれば、翌日の日本株も上がり、逆に下がれば、翌日の日本株も下がる確率が高くなる傾向があります。

したがって、短期でも宵越しをせず、日計り(デイトレード)で取引するほうが安全です。特に、損失が発生した場合の取引ルールを明確にして、早めの損切りが肝要です。そして、欲をかかずに短期でコツコツ稼ぐことが大切です。ドカンと負けないことが勝利への近道です。

売りからも取引できる

日経平均株価 取引
上がると予想 買いから入る
下がると予想 売りから入る

日経225miniは、「買い」だけでなく、「売り」からも取引することができます。売りから入れば、日経平均株価が値下りする局面でも、利益を得ることができます。

たとえば、日経平均が10,000円のとき売って、100円値下りした9,900円で買い戻せば、100円の100倍にあたる1万円が儲けになります。逆に100円値上がりして、10,100円で買い戻せば、1万円の損失になります。

証拠金

損が出た時の担保として、委託証拠金を事前に入金しておく必要があります。

新規建ての証拠金は、日々配信するSPANリスク・パラメーター・ファイルのプライス・スキャンレンジを使って計算します。証拠金に不足が発生すれば、決められた期日までに、追加証拠金(追証:おいしょう)を入金する必要があります。証拠金は、保有する先物やオプションの時価も加味して、発注・約定の都度、再計算されますので注意してください。

SPANリスク・パラメーター値は、証券取引所が毎週第1営業日に翌週分を発表し、変更があれば翌週第一営業日から適用されるのが原則です。プライス・スキャンレンジは、おおむね30万円~100万円の範囲内で変動しています。日経225miniは、プライス・スキャンレンジの10分の1になります。

費用は売買手数料のみ

信用取引のように金利や貸株料の費用はかかりません。売買手数料のみで、1枚につき52.5円以下のネット証券が多いようです。また、同じ日に売り買い(日計り)すれば、片道(返済)分の手数料が無料になったり、手数料が無料になるキャンペーンを実施する証券会社もあります。

先物・オプション口座開設

証券口座を開設していれば、口座にログインして、先物・オプション口座の開設申込みができます。口座がなければ、日経225miniを扱っている証券会社に口座開設した後、さらに先物・オプション口座の開設申込みをします。

注意点としては、先物・オプション口座を必ず開設できるわけではない点です。SBI証券では、信用取引の経験があれば、申込みができます。ネット証券によっては、書類返送前後に電話による審査もあります。

「先物・オプション取引口座設定約諾書」が送られてきたら、必要事項を記入・署名捺印して返送します。しばらくすると、eメールなどで開設通知がきます。これで口座開設は完了です。

入金

まず、通常の入金処理後、口座残高を確認して、証拠金へ振り替えます。振替が済めば取引ができます。証拠金は余裕を持って、多めにしたほうが安全です。

取引方法

通常の株と同様にできます。ただし、100倍のレバレッジが効いていることを忘れないでください。注文は5円刻み(呼値)で、指値成行注文ができます。多くのネット証券で、逆指値、寄付成行、引け成行、寄付指値、引け指値、指値不成など多様な執行条件で注文できます。

繰り返しになりますが、現物株以上にハイリスク・ハイリターンの金融商品です。くれぐれも熱くならないように注意して、取引してください。儲けよりも損をしないように心掛けて取引してください。