個人向け国債 買いか

国債専用の口座で管理

個人向け国債

個人向け国債は、3年固定金利型、5年固定金利型、10年変動金利型が発売されています。個人向け国債は、金融機関に開設された国債専用の口座で管理されるので、口座を持っていなければ、口座を開設する必要があります。

個人向け国債5年物、10年物は、年4回の募集(3月、6月、9月、12月)があり、1万円から1万円単位で購入することできます。

個人向け国債3年物は、毎月募集があり、1万円から1万円単位で購入することできます。

ネット証券は口座管理費無料

金融機関によっては、口座管理費が毎年かかります。その点ネット証券なら、口座管理費もかからず、金融機関に足を運ばなくても、インターネットから口座の開設ができるので、とても便利です。次のネット証券などが、個人向け国債を取り扱っています。

以下、資料請求・詳細のリンク先は、各証券会社[広告]への外部リンクです。

詳細・資料請求[広告]はこちら → SBI証券(キャッシュバックキャンペーンの実績あり)

詳細・資料請求[広告]はこちら → マネックス証券

個人向け国債固定金利3年型

個人向け国債固定金利 3年型
適用利率 固定金利
基準金利 - 0.03%)
償還期限 発行日から3年
利払日 年2回(半年ごとの15日)

3年物と同様に、償還期限まで同じ金利が適用されます。金利上昇期には買わないことです。最低金利0.05%が保証されています。

発行から1年を経過すれば、原則としていつでも中途換金することができます。

その場合、おおよそ直前2回分の利子相当額の約8割が減額されるので、満期(償還期限)まで保有することを前提にして、購入を検討してください。

個人向け国債固定金利5年型

個人向け国債固定金利 5年型
適用利率 固定金利
基準金利 - 0.05%)
償還期限 発行日から5年
利払日 年2回(半年ごとの15日)

3年物と同様に、償還期限まで同じ金利が適用されます。金利上昇期には買わないことです。最低金利0.05%が保証されています。

3年物と同様に発行から1年を経過すれば、原則としていつでも中途換金することができます

その場合、こちらもおおよそ直前2回分の利子相当額の約8割が減額されので、満期(償還期限)まで保有することを前提にして、購入を検討してください。

個人向け国債変動金利10年型

個人向け国債変動金利 10年型
適用利率 半年ごとの変動金利
(基準金利 × 0.66)
償還期限 発行日から10年
利払日 年2回(半年ごとの15日)

半年毎に金利が変動し、基準金利 × 0.66 が適用利率になります。最低金利0.05%が保証されています。

3年物や5年物と同様に、発行から1年を経過すれば、原則としていつでも中途換金することができます。

その場合、おおよそ直前2回分の利子相当額の約8割が減額されます。満期(償還期限)まで保有することを前提にして、購入を検討してください。

ただし、満期までの期間も10年と長いので、投資の際にはそのあたりも考慮する必要があります。

結論

中途換金は不利なので、満期まで運用できる余裕資金があれば、分散投資のひとつとして、変動金利の10年物がよいと思います。同時に他の金融商品も検討してみてください。