新値八手十手安値

新値八手安値は買いサイン

終値で8日間連続で安値を付けたチャート、5分足ローソク足で8本連続安値を付けたチャートや、それに準じたをチャートのことを、[新値八手安値]と言います。また10日続いたら、[新値10手安値]と言います。

8日も10日も安値が続けば、そろそろ反転して上昇相場への転換サインになるということです。

新値8本位が目安

上昇相場の兆候になります。この形が出たら、買いのサインになります。ちょうど陰線が8本出る必要はなく、8本や10本が一応の目安になります。連続で出なくても、やはり陰線8本や10本を目安にします。9本目が出たあたりが買いのチャンスになります。

下の任天堂(7974)の日足チャートを見ると、2008年9月24日から、10月6日まで9日間連続で、安値を付けて、その後上昇に転じました。

しかし、この新値八手安値は高値圏で出たので、この上昇は、下げ反動による戻り高値に終わりました。

このチャートの特徴は、安値がすべて陰線である必要はなく、陽線が出ても、安値が前日より安くなっていればOKです。安値圏で出れば、大きな上昇力になり得ますが、そうでなければ、単なるリバウンドで終わることも多いので、注意してください。

新値八手安値チャート