新値八手十手高値

高値が8日も続けばそろそろ下落

終値やザラ場(ローソク足の上ひげ)で8日間連続高値を付けたチャートや、それに準じたをチャートのことを、[新値八手高値]、10日続いたら[新値10手高値]と言います。高値が8日も10日も続けば、そろそろ下落相場への転換サインになるということです。9本目が出たあたりが売りになります。

新値八手高値は売りサイン

この形が出たら、売りのサインになります。ちょうど8本出る必要はなく、8本や10本が一応の目安になります。必ずしも連続でなくても、1日や2日ぐらい途切れても、やはり8本や10本を目安にします。1本は1日または1週にあたるので、「本」を「日」または「週」置き換えれば、分かりやすいでしょう。

[利食い八分]、[腹八分目]という格言もあり、あまり欲張ると、チャンスを逃がすことにもなります。

下の週足チャートを見ると、2007年8月から上げに加速度がつき、新値が8週、9週出現して、新値八手十手高値のチャートとなりました。しかし、最後に高値圏で長い上ひげが出たこともあり、この後急落しました。なお、新値高値は、ローソク足の上ひげ(青色数字)で判断していますが、終値(茶色数字)で判断することもできます。