三川明けの明星 上昇

上昇相場へ転換する兆候

[三川明けの明星 さんせんあけのみょうじょう]は、下落した株価が上昇相場へ転換する兆候となる典型的なチャートの形です。このチャートが出現したら、買いのチャンス到来です。

2本目と3本目のローソク足は窓空け

三川明けの明星

値上がりの確率が高いチャートなので、見逃さないようにしてください。勝率の大幅アップが望めます。

1本目Aのローソク足(日足)が大きな陰線。翌日2本目Bのローソク足は、下放れて始まった(窓を空ける)ものの、下落する勢いは弱く、星が光っているような(柱もひげも短かめで、コマの形にも見える)のローソク足。3日目(ローソク足C)は、大きめの陽線が出現して、1本目Aの陰線の真中より上の方で終わった。この3本のローソク足の形は、株価上昇の兆候として広く知られている[三川明けの明星]です。

下の日足チャートを見ると、大きく上げて7,340円を付けた株価は、下落に転じて、大きな陰線を出しつつ、5,200円台まで下げてきました。

その後も窓を開けて下げ続けましたが、5,000円を目前にして踏みとどまり、下放れて始まったローソク足Bは、終値も始値の差が、わずか40円の値幅しかなかった。翌日は窓を開けての上昇(ローソク足C)で始まり、買いの勢いが優勢となり、大きめの陽線で終わって、[三川明けの明星]チャートが完成。その後株価は上昇に転じて、6,000円台を回復しています。

三川明けの明星

このチャートの特徴は、1本目の陰線が長く、2本めが窓を開けて下げるので、下落相場継続中と勘違いしやすいことです。

ローソク足Bをよく見ると、柱が短く星が光っているような形をしています。このような時は、次のローソク足Cをよく確認する必要があります。もし上放れした陽線で始まって、1本目のローソク足Aの真中より上のほうで終わっていれば、翌日以降株価の上昇が期待できます。

ただし、下落基調が続いているのも確かで、あわてて買うと下がる危険性も残っています。安全を期すのならば、[三川明けの明星]が出現した後、少なくとも25日移動平均線が、平行から上向きに転じてから買うのも一法です。