団子天井 売りサイン

高値圏なら天井サイン

チャートを見ると、上向きに半円を描くような形で高値を形成しているので、ラウンドトップと呼ばれています。団子の丸みのような形を連想させるので、日本では[団子天井]チャートと言われています。

このチャートの特徴は、高値でもみ合っている期間が、比較的長いことです。この高値のうちに売買の判断をして、今後の投資の方向性を見極めることが大切です。ここが最高値のことがあります。

早めの決断を

下の週足チャートを見ると、安値から比較的大きな陽線が、連続で3本(赤三兵)出して上げ、高値900円台で膠着状態となりました。

その後比較的大きな陰線が連続で3本(黒三兵)以上出て、下放れとなりました。チャートはきれいな半円形を描き、団子天井を形成しました。

上げの勢いが次第に小さくなっていくので分かりやすいチャートですが、高値で膠着状態となったときに、まだ上げるのではないかと期待しがちです。

もし下げのサインが出たら迷わず売ることです。早めの決断が必要です。

団子天井