赤三兵は買いサイン

安値圏出現が買いサイン

少し大きめな陽線が、上り階段のように3本連続で出ているチャートが、酒田五法の赤三兵です。赤三兵は買いパターンとして知られています。

買いパターンではありますが、赤三兵が安値圏で出た時が、株価上昇が期待できる買いサインになります。4本目のローソク足の始値あたりが買い時になります。

3本目の陽線に注目

下のチャートを見ると、比較的大きめな陽線が、上り階段状に3本連続(チャートの1,2,3)で出現して、赤三兵チャートが完成し、その後、力強く上昇していることがわかります。このときの株価が安値圏であることを確認してください。

しかし、ある程度上げてからの赤三兵は、下落に注意する必要があります。また、高値圏で出た時は、下落する確率が高くなるので、新規の投資はしないほうが安全です。

売り時は、高値圏で赤三兵が出現したり、高値膠着状態になったら、このあたりが売り時になります。その他の 売りパターン が出た場合も、早めに売却することで利益を確保します。

赤三平

このチャートの特徴は、平行的に陽線が出現して、終値を切り上げていることがポイントです。上昇を開始する確率が高くなりますが、特に3本目の陽線の形は大事です。

3本目の陽線が、上ひげが下ひげより極端に長かったり(上影陽線)、柱が短く上下に同じ位の短いひげ(コマ)が出ているローソク足の場合は、上昇力が鈍ってきたサインになることもあるので、この形の時は見送ったほうがより安全です。

上影陽線
上影陽線
コマ
コマ

大切なので繰り返しますが、高値圏で出た赤三平は買わないこと。逆に売りシグナルと捉えて、売りを考えることがポイントです。